スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"空腹”だけでない子どもの孤食問題!

 子ども食堂を始めるにあたって、子どもたちの実状を調べました。

 学校関係者お二人に、今の子どもたちの問題点をお聞きして本当にびっくりしました。

 私自身の子ども時代、私の子どもたちの時代の感覚では想像もつかない状況がそこにあり、それに全く気付かなかった私がそこに居たのです。

 お米をほとんど食べたことがない子ども、朝はチョコレート、昼は給食、夜はお菓子。お腹いっぱい食べられる子でも、独りで夕食を食べる家庭環境の子、ほめられたことがない子など、親子関係やお友達関係での問題を抱えている子がいっぱい居るとのこと。

 ひとり親だけでなく、共働きの家庭でも仕事の帰り時間が遅く、子どもの夕食をつくる時間がない家庭。

 昭和世代では一つ屋根の下に、おじいちゃん・おばあちゃん・親・子どもと三代がいっしょに生活する家庭が当たり前でした。今では"核家族化”が進み、若い親と子どもだけの家庭が普通の状態になっております。
 社会構造の変化が新しい子ども問題を生み出しているのでしょうが、現状をみると、適切な対応ができていないように思われます。

 私たちの小さな力では多くの問題を同時に改善していくことは難しいとは思いますが、先ずできることから始めていきたいですね。

 周りの多くの人たちの助けをいただきながら、少しでも良い方向にすすんでいくよう頑張りたいと強く感じました。

 これから、チラシの作成・配布、ご支援の呼びかけ、食器類の準備など、取り組まなければならないことばかりですが、"子どもたちの楽しい生活を実現する”ための労苦であれば喜んですることができます。

 さあ~、これから「チラシづくり」やホームページ作成、関係機関との打ち合わせに全力をあげていきましょう!
スポンサーサイト

子ども食堂

2016.1.17
「子ども食堂」開設準備スタート

 昨日、桑名に「子ども食堂」を! という趣旨に賛同いただいた方たちの会合を開きました。
 まだ、「子ども食堂」って何に????という段階ですが、概略を説明しながら、東京で開催された「子ども食堂サミット」の模様を動画で見たり、すでに活動されているところの様子を見て少しずつ理解を深めました。

 現状は、何から始めればいいのか、何処へ何を届けるのか、活動の方法や手続きなど何もわからない状態ですが、少しでも早く開設できる様に行動をおこしていく予定です。

 急激に日本の貧困化が進んでいるとの情報は察知していながら、身近な実状はほとんど知らなかったという自分にあきれていると同時に、申し訳ない気持ちが焦りを一層つよくしているようにも思えております。

 一度始めれば、途中で投げ出すことは許されません。しっかりした計画を立て着実に行動し実現させていくようにと思っております。

 これから、周りの方々に呼びかけ、ご支援を依頼していかなければなりませんが、先行されているグループの実績を参考にして前に進んでまいります。

 当面は、「市民活動センター」への団体登録、福祉事務所・学校・幼稚園等への訪問活動、チラシ配布などを行ってまいります。

子どものお腹を満腹に!

昨年の暮れ、インターネットで「子ども食堂」の情報に触れました。

東京や九州のあちこちで"腹いっぱいご飯が食べられない”子どもたちに
ボランティアで食事を提供している人たちのことを知りました。

私はリタイアして10年以上経ちますが、今では年金をいただき、何の
不自由もなく過ごしております。

自分のやりたいことを自由にできる時間もあり、世の中のことに
あまり関心も持たず、悠々自適の人生を送っておりました。

2016年はどんな年になるかな~と、呑気に考えていたときに

「腹いっぱいのごはんが食べられない子どもがいる」
「一番の食事が給食だ」
「ティッシュペーパーは甘かった」
などの新聞記事が目に飛び込んできました。

ワーキングプア、日本の貧困化、生活保護家庭の増加‥‥‥。
言葉は知ってても実態はほとんど理解していなかった自分が
そこにいた。

せめて子どもには「腹いっぱい」食べさせてあげたい!という
思いが日ごとに強まってきた。

正月のあいだ、この思いはますます強くなり、具体的な行動に出た。
自分が生かされているこの地元で「子ども食堂」を立ち上げよう!


              ご意見はこちらまで
              e-mail:hidamari-hills@outlook.com
プロフィール

わくわくフレンズ

Author:わくわくフレンズ
私たちは桑名市の小高い団地に住む者たちを中心としたグループです。
地域に貢献することを目的に集まりました。
現在「子ども食堂」を第二・四木曜日に開催しております。

くわな❝子ども食堂❞の詳細は
http://taiyo130.jimdo.com

ご支援いただける方はこちらまでご連絡ください
090-8499-5529
Mail:hidamari-hills@outlook.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。